株式会社設立の基礎知識、合同会社との比較、変更手続き(増資・本店移転・役員変更)を詳しく解説。株式会社設立代行サービスを全国でご提供。

HOME » 株式会社設立後の手続き » 賃金の支払い

賃金の支払い

賃金支払いなどのルール

賃金については労働基準法で一定のルールが決められています。

賃金額について

賃金については、会社が支払わなければならない最低限度額が定められています。最低賃金は、都道府県ごとに決まっており、例えば東京では平成25年4月現在時給850円となっています。たとえ労働者が同意したとしても、それより低い賃金での契約は認められません。

最低賃金には、すべての労働者とその使用者に適用される「地域別最低賃金」と、特定の産業に従事する労働者とその使用者に適用される「特定最低賃金」があり、それぞれ都道府県ごとに決められています。両方の最低賃金が同時に適用される場合には高い方の最低賃金が適用されます。

地域別最低賃金額以上の賃金額を支払わない場合には、罰則(罰金:上限50万円)が定められています。

賃金支払いの五原則

賃金の支払い方に関しても下記の定めがあります。

通貨払いの原則

原則として、賃金は通貨で払わなくてはなりません。小切手や現物での給与は禁止されています。

ただし、労働協約に別段の定めがある場合は通貨以外のもので支払うことができますし、労働者個別の同意があれば銀行その他の金融機関への口座振込等も可能とされています。

直接払いの原則

原則として、賃金は直接労働者本人に支払わなければなりません。代理人や委任の受任者、未成年の親権者に対しても支払うことはできません。

例外として、労働者の使者に対して支払う(本人が具合がわるいので家族の者が代わって受け取るなど)のは認められています。

全額払いの原則

給与所得の源泉徴収や社会保険料、雇用保険料などほかの法令により賃金控除が認められているもの、あらかじめ労使協定で取り決めてある控除(社宅や寮の費用や社内預金など)を除き、賃金はその全額を労働者に支払わなければなりません。

また、振込の場合、その手数料は賃金支払において使用者が当然に負担すべき経費であるため、会社が振込先金融機関への振込手数料を差し引いて支払うことはできません。

毎月1回以上払いの原則

賃金は毎月1回以上支払わなくてはなりません。年俸制の場合においてもこの原則は適用されます。

賞与、臨時に支払われる賃金(1ヵ月を超える期間の出勤成績によって支給される精勤手当、1ヵ月を超える一定期間の継続勤務に対して支給される勤続手当、1ヵ月を超える期間にわたる事由によって算定される奨励加給又は能率手当)などについてはこの原則は適用されません。

また、毎月ではありますが、賃金締め切り期間については月初から起算して月末に締め切る必要はありません。「前月10日から当月9日」などといった期間でも可能です。

一定期日払いの原則

賃金は毎月一定期日(毎月25日、毎月末、週給の場合の毎土曜など)に支払わなければなりません。毎月第2土曜日などと月7日の範囲で変動するような期日の定めをすることはできません。

ただしこれも毎月1回以上払いの原則同様、賞与や臨時に支払われる賃金などはこの限りではありません。


ご自身で簡単に、会社設立や設立後の各種変更手続きが出来るキットを「低価格」にて販売中です。


法人向けゴールドカードなら「オリコビジネスカードGold」

※オリコビジネスGoldは法人・法人代表者の方専用のコーポレートカードです。
個人事業主の方は「オリコEXGforBiz」をご検討ください。



1法人あたり10万円~1,000万円(総利用可能枠)までご利用できます。

また、オリコクレジットを利用している事業主限定で利用可能なオリコの証書貸付「ビジネスサポートプラン」を借入れいただく際、最大2.0%(実質年率)の金利優遇が受けられます。(借入可能額100万円~1,000万円、金利6.0%~15.0% ※新規申込時は8.4%~15.0%)

資金調達と資金繰り安定化の選択肢の一つとして持っておいて損はないでしょう。

年会費2,000円(初年度無料、税別)という格安の年会費にも関わらず、豊富なビジネスアシストサービスが付いているのも魅力ですね。

※オリコビジネスGoldは法人・法人代表者の方専用のコーポレートカードです。個人事業主の方は「オリコEXGforBiz」をご検討ください。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。 売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

お問い合わせはこちら

行政書士法人Withnessの「株式会社設立手続きサポートサービス」は日本全国対応

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市) 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

powered by 行政書士アシストブログ