株式会社設立の基礎知識、合同会社との比較、変更手続き(増資・本店移転・役員変更)を詳しく解説。株式会社設立代行サービスを全国でご提供。

HOME » 株式会社設立後の手続き » 就業規則と各種帳簿

就業規則と各種帳簿

就業規則

労働時間や給与等の基本的な労働条件、職場の規律その他などを定めたものが就業規則です。

常時10人以上の従業員を使用する使用者は、労働基準法の規定により、就業規則を作成し所轄の労働基準監督署に届け出なければならないとされています。(この場合の従業員には、正社員のほかパート社員やアルバイト等を含まれます。)

とは言え、就業規則を作成し職場のルールを明文化することにより、労使双方がそのルールを遵守し無用なトラブルを回避することが可能になりますので、例え従業員が10人以下であってもきちんと定めておくことをお勧めいたします。

また、就業規則を作成した場合、それを周知するよう義務付けられています。休憩室、食堂等社員が見やすい場所に備え付けたり、各社員に配布するなどして周知を徹底しましょう。

就業規則の記載事項

絶対的必要記載事項

就業規則に必ず記載しなければならない事項は以下のとおりです。

  1. 始業及び終業の時刻、休憩時間、休日、休暇、就業時転換(交代制勤務をさせる場合)に関すること。
  2. 賃金の決定(臨時の賃金を除く)、賃金の計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期、昇給に関すること。
  3. 退職に関すること(解雇事由を含む)。

相対的必要記載事項

その制度を定める場合は就業規則に記載しなければならない事項は以下のとおりです。

  1. 退職手当に関すること(適用者の範囲、退職手当の決定、計算及び支払の方法と時期)。
  2. 賞与等・最低賃金額について定める場合には、これに関すること。
  3. 食費・作業用品等を負担させる場合には、これに関すること。
  4. 安全・衛生に関する事項について定める場合には、これに関すること。
  5. 職業訓練に関する事項について定める場合には、これに関すること。
  6. 災害補償・業務外の傷病扶助について定める場合には、これに関すること。
  7. 表彰・制裁について定める場合には、これに関すること。
  8. 上記のほか、当該事業場の全労働者に適用される事項について定める場合には、これに関すること。

任意的記載事項

労働基準法上は記載してもしなくても良い事項です。

  1. 就業規則の制定趣旨、根本精神を宣言した規定
  2. 就業規則の解釈、適用に関する規定


ご自身で簡単に、会社設立や設立後の各種変更手続きが出来るキットを「低価格」にて販売中です。


銀行融資を断られた方でも資金調達可能「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。 売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

お問い合わせはこちら

行政書士法人Withnessの「株式会社設立手続きサポートサービス」は日本全国対応

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市) 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

powered by 行政書士アシストブログ